鉄フライパンの使い方と手入れの方法

アフィリエイト

鉄フライパンの使い方と手入れの方法

せっかく購入した鉄フライパン。

手入れが大変って聞いてびびってしまって。

IHコンロでも鉄フライパンの「焼き込み」ってするのかしら。
空だきはできないはずだけど・・・。

ちゃんと手入れの方法を知ってないと、寿命の短いフライパンになってしまうのでは。

今更だけど「鉄フライパンの使い方」を調べてみました。

鉄フライパンの油ならしの方法

1、フライパンをよく洗います

2、油をフライパンの深さの3分の1くらい、たっぷり入れて弱火で5分くらい熱します。

3、油をオイルポットなどに移します。

4.フライパンに残った油をキッチンペーパーなどでまんべんなくすり込むようにふきます。

その後、調理を始めることができます。

毎回、フライパンを使いはじめる前に

鉄フライパンは毎回、使う前に「油返し」をします。

1、鉄フライパンに油をたっぷり入れて、弱火でフライパンの鍋肌に油をなじませます。

2、油が熱くなり、フライパンに充分に油がなじんだら、油をオイルポットなどに取りだします。

3、調理に必要な分の油を入れて調理します。

毎回、使い終わったら

1、調理が終わったら、食材はすぐにお皿などに移します。

2、フライパンが冷めないうちに、お湯とたわしなどで洗います。

このとき、食器用洗剤を使ってはいけません。

3、洗った後は水分をよくふき取り、薄く食用油を塗って保管します。

煮る・蒸す・茹でる調理を行ったら

煮る・蒸す・茹でるなどの調理を行うと、せっかく鉄フライパンの鍋肌になじんでいた油膜が熱湯によって取れてしまいます。

調理後にフライパンを良く洗ったら水気をふき取り、必ず薄く油を塗っておきます。

【UNILLOY フライパン 26cm ガラス蓋セット IH対応 】を見てみる

せっかく購入した鉄フライパン。

面倒くさがらずに手入れをして、使いこなさなければ・・・。

【一緒に読んでほしい記事】

鉄フライパンとガラスのふたセット

鉄フライパンを使ってみる

タイトルとURLをコピーしました